枚方市のリフォーム・建て替えなら田原建設:京都府八幡市・大阪府高槻市・寝屋川市対応 の トップページへ戻る


シックハウス症候群は、どんな人でも成り得る可能性のある病気です。
シックハウスとは、簡単に言うと家を建てる時に使われている化学物質に体が反応し、
いろいろな症状を出す病気です。
シックハウス症候群はある日突然襲ってくる病で、その症状も人によっては異なります。
そんなシックハウス症候群の現状と対策などを紹介します。
あなたやその家族がシックハウスで苦しまないためにも、原因とその対策を知っておきましょう。


シックハウス症候群とは?

シックハウス症候群とは、住宅を建てるときに使われている、建築資材などに含まれている化学物質が、
もともとの原因となっています。


現在の住宅構造の高気密化や、高断熱効果のある建築様式により、
室内の暖かさは昔と比べてとても温かい造りになっています。
部屋の中が温かいと建材に含まれている化学物質が気化し、室内の空気が汚染されてしまいます。
この室内で汚染された空気は、昔の家では機密性がなかったために
それほど空気中にとどまることはありませんでした。


しかし、現在の住宅の機密性は高く室内にとどまったまま、空気中の汚染濃度だけが上がっていきます。
この汚染された空気を吸うことにより、体内に蓄積されます。
蓄積された化学物質が、体内の許容量を越えたときに症状が現れ始めます。
この許容量には個人差があり、同じ住宅に住んでいたとしても
すぐに症状が現れる場合と、症状が出ない場合があります。
このようなことが、シックハウス症候群の原因となっているのです。


シックハウス症候群の症状

症状としては、人によってさまざまな症状が出るので、
一概に「これはシックハウス症候群です」とはいえません。
症状が出たとしても、最初からはっきりとした症状が出ることはあまりなく、
自身の中で「今日は調子が悪いのかな」と片付けてしまうこともあります。
症状が重くなり診断してみても、シックハウス症候群の症状はほかの病気と似ているので、
ほかの病気として診断されることが多くなります。


シックハウス症候群で見られる症状としては次のようなものがあげられます。
 頭(頭痛・めまい・記憶力の低下・集中力の低下)
 目(目の痛み・目のかゆみ・涙がとまらない・充血する)
 鼻(鼻水・鼻づまり・鼻血)
 耳(耳鳴り・平衡感覚異常)
 口(口内の乾燥・味覚異常)
 のど(咳・くしゃみ・喘息・のどの痛み)
 皮膚(じんましん・湿疹・かゆみ)
 体内(不整脈・吐き気・食欲がない・下痢・便秘)

上記のような症状が屋内にいる時強く感じるなどといった場合には、
もしかしたらシックハウス症候群かもしれません。


シックハウス症候群の治療法

シックハウス症候群の原因は、化学物質の体内許容量を超えることによって起こる病気なので、
薬などの治療薬などはありません。
治療するには長い期間の体質改善と、暮らしている住宅の環境改善を改善していくことが、重要になってきます。


体質改善の方法としては、体内にたまっている化学物質を体の外に出すということです。
ビタミンやミネラルなどの栄養素にはこの化学物質を体の外に出す能力をもったものもあるので、
そういった栄養素を含む食べ物を食べることが、体内の化学物質を排出する手助けとなります。


そのほかには、体を動かし汗を出すことによって、体外に排出する方法もあります。
環境改善としては、生活環境から化学物質を排除することが必要となります。


そのためには、引越しをする、化学物質を含まない建材を使ったリフォーム、などが上げられるのですが
多額の費用がかかります。
そのため、すぐにできる予防策として、化学物質を使った家具や消臭剤などを、
生活空間に取り入れるのを避けることが必要となります。


化学物質過敏症との違い

シックハウス症候群と化学物質過敏症の症状は、似ているところが多くあります。
化学物質過敏症になった場合には、シックハウス症候群と同じような対策を取ることになることも同じですが、
この二つの病気の違いには、注意する必要があります。
シックハウス症候群は、1種類の化学物質に汚染されている屋内(新築の家)に入った場合に症状が現れます。
それに対して、化学物質過敏症では、ごく少量のさまざまな化学物質で症状が現れるので、
どんな場所でも発症してしまいます。


しかし、この二つの病気には、切ることのできない関連性があります。
なぜなら、シックハウス症候群という症状は、化学物質過敏症の初期の段階といえるからです。
シックハウス症候群の症状が進むにつれて、化学物質過敏症になる傾向が強いのです。
シックハウス症候群の段階で何らかの予防策や対策を行い、症状の進行を食い止め、
改善することが重要となります。


シックハウス症候群の原因

シックハウス症候群とは、新築やリフォーム、害虫駆除などをしたときに使われた
化学物質によって引き起こされる病気です。
使用されている、化学物質は気温が上がると徐々に気化していきます。
気化すると機密性の高い室内ではこの化学物質が逃げ場を失い室内の空気自体を汚染し、
呼吸によって体内に取り込まれ発症します。
このシックハウスについての原因の多くは、室内の機密性が高いため
空気の循環がうまく行われていないことが、要因になっているといってもいいでしょう。
しかし、問題はやはり使われている化学物質にあります。


室内の原因

屋内でのインテリアにこだわっているときには、壁紙はどうしようとか迷ってしまいますよね。
でも、壁紙を貼る時の接着剤などにはこだわったりはしないですよね。
ところが、接着剤にもホルムアルデヒドが含まれているので、シックハウスの原因になるんです。
いくら法律でホルムアルデヒドの使用制限がつけられているとはいえ、やはり心配になります。


そのほかにも、シックハウスの要因となっているのがハウスダストです。
ハウスダストは屋内にある塵のことで、カビやダニ・細菌などがあげられます。


住宅の機密性により結露が起こったりした場合に、カビの温床になり
そこから空気中にカビの胞子などが飛びます。
その胞子を吸うことにより症状が出てくることもあります。


家の見えない部分の原因

住宅で使用される化学物質はかなりの種類があります。
使用されているところといえば建材の防腐処理や、断熱材やグラスウールなども化学物質です。
塗料や接着剤にいたってはシックハウス症候群の原因としてよく名前を聞くものも多数あります。


シックハウスの原因となっている物質についても法律のきめた範囲内であれば使用が許されています。
しかし、法律を守っていたからといって注意することにこしたことはないはずです。
そんな化学物質について起きうる症状とその使用目的等を解説します。


トルエン

トルエンはペンキなどの塗料や接着剤、殺菌剤等のようなものを
溶解することができる媒体として使用されています。
溶解とは固形物や固まったものを水などの水溶液に入れることによって溶かす働きのことを言います。
このトルエンは毒性が強く、中毒性が高く吸入することにより強い吐き気をおこします。
トルエンは地下水脈の汚染や土壌汚染などによっても体内に入る可能性があり、
そのほかにも、建築で使用した塗料や建材からの気化により体内に取り込まれます。


キシレン

キシレンは無色の透明な液体で、主に油性の塗料やシンナーなどの溶剤として使用されます。
毒性は強く、倦怠感や吐き気をおこします。
また、このキシレンという化学物質は薬剤などの原料としても使われていました。
現在では人体に無害なものに変わってきているそうです。


可塑剤

可塑剤は建材を加工しやすくするために使用します。読み方は「かそざい」と読みます。
この可塑剤は塩化ビニールやプラスチックなどの柔軟性を与える物質として利用されています。
毒性は弱い化学物質ですが化学物質過敏症の原因の一つとして上げられます。


有機リン系薬剤

この有機リン系薬剤は住宅の建材などの保存料として使用される物質のひとつとして上げられ、
また蟻の駆除などに使う防蟻剤にも含まれている化学物質です。シックハウス症候群の原因のひとつです。
この有機リン系薬剤は毒性があり、これを吸い込んだ場合には頭痛やめまい、吐き気などの症状が現れます。


ピレスロイド系薬剤

主に有機リン酸薬剤と同様に住宅の建材の保存剤として使用され、また防蟻剤としても使用されています。
この薬剤が一番良く使われる場所は防蟻剤になります。
人体に与える影響としては頭痛や鼻炎などの症状が現れます。


シックハウス対策

化学物質対策

家全体の通気・換気に努める
・建材・施工材はもちろん、生活用品なども化学物質をできるだけ含まないものを選ぶ
・窓を開放し自然換気を積極的に行う
・給気口がある場合は、できるだけ開放状態にしておく
・室内ドアは開放し、空気の流れを確保する
・浴室、トイレ、台所などの換気扇をときどき運転する
・旅行など数日間にわたって不在にした後は特に換気を心がける


医師に相談する
強いにおいがする」「目がチカチカする」などの症状が継続的で治まらない場合は、
専門の医師に相談することをお勧めします。
症状によっては早めに医師に相談したほうが良いケースもありますので注意しましょう。


カビ対策

皆さんもご存知のように、カビは生活するうえで多大な恩恵を与えてくれています。
しかしながら、アレルギーの原因となるなど、様々な害も与えます。
カビの増加はそれを好むダニの発生を促しますので、
カビをできるだけ発生させないことが、室内環境の悪化を抑制する上でとても重要になります。


カビは「栄養分」「酸素」「温度」「湿度」の条件が揃えば、どんな家でも自然に発生します。
ただ、最近の住宅は非常に気密性が高く、ライフスタイルの変化による換気不足が重なり、
「結露」が発生しやすく、その「結露」がカビの温床になっているケースが増えているようです。


栄養分

畳や、畳の上に落ちているチリなどもカビの栄養源となります。
また、畳以外にも有機性の建材であればカビの栄養源となります。


酸素

他の生物とおなじように、カビも生長するために酸素を必要とします。


温度

カビの生長の適温は摂氏25〜30度付近ですが、
カビの種類によっては0度以下や40度以上でも生長が可能です。


湿度

湿度がだいたい70%を超えると、カビが生長しやすい環境になります。
また、湿度が高くなるほど生長できるカビの種類が増え、カビの生長速度も速くなります。


カビの繁殖をおさえるには、上記の条件が揃わないようにしてやる必要があります。
このうち、栄養分・酸素・温度についてはコントロールするのが難しいのが現状です。
そこで、湿度をコントロールすることがカビの発生を抑えるのに有効と言えます。


−対策−
■まずは今あるカビを取り除き、その後はこまめなお掃除が必要
■湿度をコントロールする
−湿度計を設置して、湿度が高くなったらエアコンのドライや除湿器を活用し、湿度を下げる
−家全体の通気・換気に努める
−洗濯物は室内に干さないように心がける



資料請求お問合せ