枚方市のリフォーム・建て替えなら田原建設:京都府八幡市・大阪府高槻市・寝屋川市対応 の トップページへ戻る


家相とは?

家相どうしても気にしてしまうのが家相ですが、
家相とは、住む家の構造や向き・間取りで住んでいる人たちの
吉凶を判断するものとして、もともと中国で考え出されました。


家相は、その家に住む人たちの健康や生活に影響すると
昔から考えられています。
住み始めてすぐに影響が出るわけではなく、
少しずつ時間をかけて出てくるといわれているのが家相なのです。
「家相は科学的ではない」といわれていても、
やはり気になってしまいますよね。
家を建てるときの全て家相を気にしなくても、
よく聞くものは取り入れている人も多いのではないでしょうか。


家相が良くないと幸せになる・不幸になる、お金が貯まる、
病気や事故にあうなど心配になるようなことをいう人もいます。
ですがこれは誤解です。家相は科学的ではない部分もありますが、
生活していく上で納得できる知恵からのものもたくさんあるのです。
通気性や、光の取り入れ方、衛生面、住みやすさなど古くからの知恵が活かされているのです。
家相を取り入れるならば、実用的なものや科学的に納得できるものから取り入れていくことをオススメします。


代表的な家相を知っておこう

作りで全ての家相を取り入れることは非常に難しいのですが、
家相が気になる人は代表的な家相や方角を知っておくとよいでしょう。
ここで注意しておくことは、家相の方角は自分中心ではなく、家の中心からみた方角です。


玄関の位置

東、東南、南、西、西北が良いとされています。
比較的日が多く入る場所が良いです。


トイレやお風呂の水廻り

東南、東、西、西北が良いとされています。
トイレはどの場所でもあまり良くないといわれていますが、この4方角であれば問題はおきにくいといわれています。


台所

東南、東、西北が良いとされています。
南東は日が多く差し込むので気温が高くなり、食品類が悪くなりやすいことからオススメできません。


リビング

東南、南、東などの日がたくさん入る場所が吉とされています。


寝室

東南、南、東、西北、北が寝室に良いとされています。
寝室の位置を重視する人は少ないのですが、人は寝ている間に運気を吸収するといわれていることからも重要です。


このように、家相で吉とされている方角に部屋を配置しようとしてもかなり偏りがでてしまい、
全てを取り入れようとすると家を建てることができなくなってしまいます。


また、間取りだけでなく、家相は家の形も大切としています。
「張り出し」や「欠け込み」という言葉を聞いたことはありませんか?
家の形が正方形や長方形ではなく、一部が出ていたり欠けていると家相が良くないと判断されます。
家相を気にするのならば、変形した家はオススメできません。


鬼門と裏鬼門

家相を知っていく上で、必ず耳にするのが鬼門と裏鬼門という言葉です。
鬼門とは北東の方角、裏鬼門とは西南のことをいいます。
これは中国から伝わった言葉なのですが、中国ではそれほど問題視されているわけではありません。
日本で鬼門が良くないといわれるようになったのは、江戸時代頃からです。
北東には水廻りや門、蔵を配置するのは良くないという考えで、これは現代でも残っている風習です。
この方向には気が集まる場所とされ、常に清潔にしておく必要があります。
また地域によっては、北東にヒイラギの木を植えることもあります。


風水と家相の違い

もともと風水と家相のルーツは同じなのですが、
家相は家そのものに対して吉凶を判断し、風水は土地の吉凶を判断するという違いがあります。
現在の風水は、インテリアを利用して幸運を呼び込むものもあり、
良くないものを良いものにするために「補う」という役目もあります。
もし、既に住んでいる家の家相が良くなくても、風水を利用することで運気を上げることも可能です。
家相は、その家に住む人の生年月日によっても変わってきます。
家相と風水を組み合わせるのならば、一般的に言われているものだけでなく、
家相と風水のバランスを考えて取り入れましょう。


家相は昔から多くの人が気にしています。
家相の中には生活上の知恵からもたらされているものもありますが、
中国が発祥であることから、日本ではあまり役に立たないものもあります。
家相を取り入れる場合は、なぜその家相がいわれるようになったのかをきちんと知り、
取り入れるかどうかをあなた自身が判断する必要があります。
あまり家相に振り回されないように気をつけてましょう。
大切なのは、あなた自身の住みやすさです。

家相入門 家相で家づくりを考える
もっと詳しく知りたいという方は
こちらのページをご覧下さい。
家相・風水に関する専門家のページです。

資料請求お問合せ